若林歯科で行うインプラント治療には保証制度があります。

2013年7月より、若林歯科のインプラント治療 保証制度は、「株式会社ガイドデント」さんと協力して行うこととなりました。

「ガイドデント」さんと協力することで得られる最も大きなメリットは、ガイドデント提携医院であれば、どこの医院でも同じように保証を受けられるということです。

例えば、「引越しにより当院でメンテナンスが受けられなくなった上に、インプラントの歯が欠けてしまった。」というような場合、今までは保証が受けられなくなってしまいました。

ところが、株式会社ガイドデントに連絡し、引越し先の近くに提携医院があれば、当院と同じ保証がその提携医院で受けることが可能なのです。

詳しくは、こちらをご覧ください。guidedent

保証の条件

上記保証制度には条件があります。この条件は、全ての方が一生自分の歯で噛めるように、不幸にして歯を無くされた方には、できるだけ自分の歯に近い状態を永く維持していただくために設けてあります。

 

1、インプラント埋入後1年間は月に1回受診していただきます。内容は、検診および他の歯を含めたメインテナンスのためです。

(当院では、ガイドデント10年保証よりも厳しい条件を設定しています。)

2、2年目以降は、お口の中の環境が良ければ3ヶ月に1回の受診を推奨しています。これは、インプラント治療をしたからではなく、全ての患者さんに、良いお口の状態を維持していただくためにオススメしています。どんなに状態が良くても半年に1回は定期健診とメインテナンスを受けてください。

(当院では、ガイドデント10年保証よりも厳しい条件を設定しています。)

以上2点が保証の条件となります。

インプラント治療は、インプラントを埋入し噛めるようになったら終わりではありません。

インプラントはあくまでも残っている天然歯を守るために、そして、末永く自分の歯のように噛んでもらうために行います。

インプラントで回復した歯は、天然歯に非常に近い性質を持ちます。

それは、天然歯と同じような噛み心地など快適な面もありますが、逆にメインテナンスを怠ると、歯周病と似たインプラント周囲炎という病気になります。

インプラント周囲炎になった場合は、天然歯の歯周病とは比較にならないほど急激に悪化し、インプラント周囲の骨を溶かしてしまいます。

そのような病気にならないように、定期健診とメインテナンスが必要です。

ガイドデント10年保証を選ばれた患者さんには、以下のような保証書をお渡ししています。

 

インプラント10年保証書