インプラント治療でかかった費用は医療費控除の対象となります。

インプラント治療は現在、ご自分の歯に一番近い状態に回復するための治療です。それ故、決して安い治療とは言えません。

その負担費用軽減のためにも、ぜひ医療費控除をご活用ください。
医療費控除は、一年間に支払った医療費が10万円以上だった場合、その年に行われた医療費や、交通費に対して、年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。

これは本人の医療費のほか、家計が同じであれば配偶者や親族の医療費を合算する事ができます。

ですから妻が扶養家族でなくても、夫の医療費と合算できるのです。

インプラントは健康保険の対象外ですが、医療費控除の申請を行なうことで、 結果的には「国からの補助を受ける形で治療を行う事ができる」と考えられます。

>>国税庁のページ