従来の治療

従来法では、虫歯になってしまった部分を完全に取りきって無菌化するのですが、虫歯が深い場合は技術的に非常に難しく、虫歯が取れたかどうかの判断は、結局、色と硬さ(見た目と触った感じ)で判断します。実際、顕微鏡レベルでは組織内に虫歯が残っていることはよくあるようで、治療して数年後にまた痛みが出て、詰め物を外すと虫歯菌が神経まで達してしまい、神経を取り除く治療(抜髄)が必要になることがあります。

Doc’sBest療法

新しい方法では、虫歯になった部分をすべて取り去るのではなく、神経に近い虫歯を2㎜以上残して、抗菌力のある薬を塗って、その上にDoc’sBestCementsをつめます。その上から詰め物の治療を行います。

この治療によって外からは銅イオンによる殺菌が永続的に行われ、内側(神経側)からは常に虫歯菌を押し出そうとする力が働いているので、間に挟まれた虫歯菌は死滅、除菌されます。軟らかくなっていた歯質(軟化象牙質)も硬くなります。