一概に虫歯の治療といっても、虫歯の大きさによって治療方法は様々です。

様々な治療方法を歯科医師が選択し、患者さんに提供しているわけですが、若林歯科の虫歯に対する治療方針は一貫しています。それは、「歯は自然のままが一番」「とにかく削る量は必要最低限、できる限りもとの歯の状態を残す」です。なぜ、できる限り歯を残すのか?

それは、現在の歯を治療する材料では、歯の一番表面に位置するエナメル質の性能・性質を超える材料が無いからです。

外界から敵(虫歯菌)の侵入を一番防いでくれるエナメル質を如何に残して治療するかが、一生自分の歯で噛むことにつながってきます。

不幸にして、エナメル質をすべて削ってかぶせる治療になった方は要注意です。稀に、かぶせた歯は虫歯にならないと思われている方がみえますが、まったく逆です。特に銀歯をかぶせている方は、かぶせたものと自分の歯の境目から必ずと言っていいほど虫歯になります。

もともとかぶせないといけないほどの虫歯があったのですから、お口の中の虫歯菌の数はかなりのものです。

そこに硬すぎる銀歯を入れて毎日ガンガン噛むということは、銀歯が変形して隙間がどんどん空いてくる・・・その隙間に虫歯菌がどんどん棲みついて虫歯とつくる・・・でも銀歯の下はまったく目に見えない場所な上にレントゲンにも写らない・・・気づくのは銀歯の中が虫歯でボロボロになって、銀歯が取れたとき・・・治療法は・・・抜歯・・・よくある流れです。

まずは虫歯にしない。一生自分の歯で過ごすには、予防が最高最良の方法であることは間違いありません。ただし、「きちんと歯を磨いていれば虫歯は予防できる」と思っているのは日本人くらいです。

虫歯の予防は、歯ブラシだけではできません。詳しく知りたい方は、是非聞いてください。虫歯の予防は生まれる前から始まっています。

マイナス一歳からの虫歯予防へ