こんにちは!

豊田市 若林歯科 歯科医師の水越理乃です。

5月20日(日)、名古屋市内で開催されました

“名古屋床矯正よろず相談セミナー”に理事長の米崎先生、美桜先生、アシスタントの祢冝田と参加してまいりました。

講師は福岡県大野城市はなだ歯科クリニックの花田真也先生です。

名古屋床矯正よろず相談セミナー

今回のセミナーは事前に参加者から床矯正に関わる質問を募り、その全てに花田先生が答え、教えてくださるというものでした。

若手からベテランまで、いろいろな先生方が参加されており、質問も盛りだくさん(約50項目)でした。

私自身が抱いていた疑問も解決でき、他の先生方の質問からは実践的な内容を多く学ぶことができました!

中でも、「呼吸と姿勢は同じ」という言葉がとても印象に残りました。

例えば、舌がうまく使えないお子さんは舌が低い位置にあることが多く、気道を圧迫します。

お子さんの呼吸で大切なことは、「鼻呼吸」そして「胸部を広げて(しっかり肺に空気を入れて)呼吸が出来ること」だそうですが、舌が上手く使えないとそれも難しくなってしまいます。

セミナーでは実際に呼吸法のトレーニングを行なっている患者さんを見せて頂きました。

上達するにつれて、どんどん背筋が伸び姿勢が良くなっていく姿を見て、言葉の意味を実感しました。

呼吸と姿勢の密接な関係。

当院では、床矯正の患者さんに正しい姿勢や、お口の周りの筋肉を鍛えたり、舌を上手く使えるようになるためのトレーニングを行なっています。

このトレーニングは歯並びだけでなく「良いお顔」にもつながるトレーニングです。

ここに呼吸からのアプローチもプラスして「良い姿勢」により積極的につなげていきます。

実践のために、これからも勉強を重ね知識を深めます!

 

また、8月には福岡県にて花田先生主催の“床矯正医院活性化セミナー”が開催されます。

去年の第一回/activity-diary/4078.html

では当院アシスタントの祢冝田がスタッフ発表を行ったセミナーですが、今回、私も発表の機会をいただいています。

全国から集まるそれぞれの医院さんの「医院活性化」を思いながら準備を進め、当日に臨みたいと思います。

豊田市 若林歯科 歯科医師

水越理乃