●歯周内科治療について

歯周内科治療とは、国際歯周内科学研究会代表理事である生田図南先生が提唱された「お薬を使って歯周病を治す」方法です。

今までの歯周病の治療は、

・第一にブラッシング指導(ハブラシの使い方の練習)
・次に歯石(歯の周りにこびりついた固くなった汚れ)の除去
・重症の人は、歯の根の奥のほうについた汚れをとったり、それでも改善しない人には、麻酔をして歯茎を切り取って汚れをつきにくくしたりする
のような方法をとってきました。

今までの方法は患者さんもわれわれも大変な努力が必要だったのです。

以前より歯周病は、「細菌によるもの」ということは判っていました。
歯周内科治療では、その歯周病を起こす菌(以降、歯周病関連菌)が増える原因に口腔内に存在するカビ(カンジダ)が関係していると考えました。歯周病の人は、口腔内のカビを住処として歯周病関連細菌が増加している人ということです。人には細菌に対する免疫力があり普段は均衡を保っていますが、均衡が崩れたときにカビと歯周病細菌が増殖して、歯茎の出血や腫れ・痛み・口臭など歯周病の症状が現れるのです。

つまり歯周病関連細菌とカビを無くすことができれば歯周病は治るのです。しかし、カビは自然界に普通に存在していて空気中を漂っています。お口の中に入ってくるカビをゼロにすることはできません。が、その数を減らしておくことはできます。歯磨きをするときに抗真菌薬かカビを減らすための歯磨き剤を使うのです。これで歯周病関連菌の住処になるカビを減らしておきます。歯周病関連細菌には、抗菌剤を使います。歯周病関連菌に特に効きやすい抗菌剤を飲むことで、お口の中の歯周病関連菌をゼロにすることができます。しかし、こちらも簡単に感染してしまうので定期的に検査をして再感染には注意しましょう。

今までの歯周病治療の方法で、歯周病関連細菌が沢山いる歯茎の周りの歯石をとるというのは、実は非常に危険なことなのです。歯周病細菌が沢山いる状態で歯石取りをして、出血した部位から血管内に歯周病細菌が入り込み、何日後かに急に高熱を出して病院に運ばれ、入院してよく調べてみると心臓の弁に細菌がくっついて増殖していた。その細菌を消すために何週間も抗菌剤の点滴をするなんてこともごく稀に起こるのです。

歯周内科治療の考え方は、まず、口腔内の除菌です。顕微鏡で口腔内の細菌の数を調べ、安全を確かめた上で治療が始まります。

●位相差顕微鏡を使って口腔内細菌をみる

位相差顕微鏡

歯の周りについている汚れを少し採取して、その中にいるカビの量と歯周病関連細菌の数・大きさ・活動性などを見ます。
その結果から治療方針を決定します。

●治療法の選択

位相差顕微鏡検査の結果から

カビ・細菌の数が異常に多い・・・・ 抗菌薬内服・抗真菌薬(又はカビに効く歯磨き剤)で歯磨き
カビは多いが細菌の数は少ない・・・・ 抗真菌薬(又はカビに効く歯磨き剤)で歯磨き
カビ・細菌ともに少ない・・・・ 感染予防のためのメインテナンスと定期検診

●再感染の予防に努める

歯周内科治療を行うことで90%近くの方の歯周病が改善します。しかし、良くなったからそれで終わりではありません。カビ・歯周病関連細菌は、何もしないで放っておくと容易に再感染し増殖する危険があります。
当院では、定期的な検査で再感染していないか確認することと、専属の歯科衛生士によるクリーニングをお勧めしています。

●若林歯科の歯周内科治療 メインテナンス専用ルーム

若林歯科の歯周内科治療 メインテナンス専用ルーム

歯周病予防治療にご同意頂いた患者様には、当院では、歯周内科治療を始めるに当たり、専用の治療室を新設しました。この部屋には、歯を削る機械はついていません。位相差顕微鏡検査と一通りの治療が終了した方が、歯のクリーニングを行うことに特化した部屋です。若林歯科のスタッフは、全ての方が、治療ではなく予防のために通院していただけることを願っています。

●歯周内科学研究会

歯周内科治療は、現在、どこの歯科医院でも行える治療ではありません。

歯周内科学研究会 会員証

若林歯科は、歯周内科学研究会の会員であり、生田図南先生が行っている治療方法を忠実に守っています。

最近は、歯周内科治療とは異なった類似治療も蔓延しているようですので、治療を受けたい方は研究会会員の医院の受診をお勧めします。

歯周内科学研究会の会員医院の検索はこちらから