歯を削らず抜かずに一生残す「予防」ができる歯科医院です
.
  • HOME »
  • 痛くない治療への取り組み

痛くない治療への取り組み

少しでも痛みを感じさせない治療に取り組んでいます!!

むし歯があるけど、歯医者さんへは

痛いから行きたくない

・・・と思っていませんか?
最近歯が痛むけど少ししたら収まるから、と行かなかったり、
「むし歯は治療をしないと治らない」と分かっていても、
やっぱり歯医者さんは苦手。

でも、むし歯を放っておくと、どんどん進行して最終的には大切な歯を抜くことになるかもしれません。
歯は食べる喜びを与えてくれるとても貴重な財産です。

この貴重な財産である歯を1本でも失ってほしくありません。

若林歯科では、そんなあなたが歯科治療に抵抗を感じないよう

痛くない治療

に真剣に取り組んでいます。

特に麻酔にはこだわっています。

歯医者さんに来て、一番はじめに待っている試練。

そうそれは「麻酔注射」ですよね。

子どもの頃に受けた麻酔の痛みが歯医者さん嫌いの原因のNo1です。
だから若林歯科では

麻酔注射の痛みを最大限なくそう

と決めました。

そのために、以下のような取り組みを行っています。

その1.歯ぐきにぬるタイプの表面麻酔を使って痛みを減らします!

歯医者さんで「麻酔しますね」と言われたとき、ちょっと緊張してしまいませんか?

また、健康診断の採血の時に、針が腕に刺さる瞬間…。

あの「チクっ」という痛み、

あなたも苦手だと思います。苦手な人にとってはあの痛みは「チクっ」ではなく「グサっ」という痛みに感じてしまいます。多くの方が麻酔が苦手なのは、あの痛みのせいでもあるのです。

表面麻酔若林歯科では歯ぐきに「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使って、麻酔の注射針が刺さるときの痛みをなくしています。
だから、麻酔のときに何の違和感も感じないのです。

 

歯科業界ではたくさんの表面麻酔薬が開発されているのですが、ほとんどの歯医者さんではあまり使われていません。

なぜなら、手間と時間がかかってしまうからです。

効率を考えたら、ちょっと痛みを我慢してもらって
いきなり注射するほうがいいに決まっています。

でもそれだと、歯医者さん嫌いの患者さんを増やすことになってしまいます。

若林歯科では患者様に歯医者を好きになってもらって、自分の歯を大事にしてくれるような方を増やしていきたいという想いがあります。そして歯医者に定期的に通って、常に健康な歯を維持して欲しいと想っています。

だから表面麻酔をしっかり塗ったあと、きちんと麻酔が浸透するのを待ってから  ゆっくり麻酔注射を行なっています。

患者さんによっては

いつ注射したか分からなかった

なんてことも言われることがたまにあるくらいなんですよ。特に痛みに敏感な患者様に使用しています。

表面麻酔の使用をご希望の方はおっしゃってくださいね。

その2.とても細い注射針で痛みを減らします!

夏になると、蚊に刺されてかゆい思いをしたことが誰でもあると思います。

でもちょっと待ってください。

蚊って、針を刺してみなさんの血を吸っているのに、細い注射針
なんで痛みがないのでしょうか?

それは蚊の血を吸う口の針のが、とっても細いから気づかないだけなんです。

つまり

針が細ければ細いほど痛くない

ということなんです。

そこで、若林歯科では歯医者さんで使われている 注射針の中で

一番細い33G(ゲージ)

という細さのものを特別に取り寄せて使っています。 33Gというのは直径約0.26ミリというとても細い針です。極細の針を使うことで、患者様の痛みを最小限に抑えることができます。

その3.伝達麻酔を行っています

「下の奥の歯は麻酔が効きにくいんですよね」そう言われて痛い思いをしたことはありませんか?

下顎の奥歯の周りは、骨(歯槽骨)に厚みがありしかも硬い骨なのでとても麻酔が効きにくい場所なのです。

どうしても麻酔が効きにくい奥歯の治療で、普通の浸潤麻酔のみでは麻酔の効果が弱い時は、伝達麻酔という方法をとると、下の奥の歯にもしっかりと麻酔を効かせることができます。

しかし、歯科治療で伝達麻酔を行う歯科医は非常に少ないのです。

なぜなのか?

それは、 伝達麻酔は正確な技術が必要な麻酔なんです。

練習を積み重ねてきた技術がある歯科医師にしかできません。

院長の米崎は、7年間私立・公立病院の歯科口腔外科に勤務して、患者様に痛みを与えないように伝達麻酔の技術を磨いておりますので、通常の麻酔が効きにくい患者様には伝達麻酔を行い、痛みのない治療を心掛けています。

その4.麻酔注射を数回に分けて打つことで痛みを減らします!

麻酔注射を打たれている時に、次のように思ったことはありませんか?

麻酔を打つ時っていつも2、3カ所まとめていっきに注射されるんだけど、
 まずは1ヶ所だけ注射して、その麻酔が効いてから、次の注射してくれないかなぁ。そしたら痛くないのに。

そんな患者様のご意見を若林歯科では、実際に形にしています。

最初に少し麻酔液を注入し、
少し麻痺してきてから、さらに麻酔液を注入します。

こうすることで、少しずつ麻酔液が浸透していくので、次の場所に注射を打つときにずいぶんと痛みが軽減されるようになりました。

手間暇かけて患者様の痛みを減らしています。

その5.麻酔が完全に効いてから治療することで痛みを減らします!

たくさん患者さんが来ていて、いつも混んでいる歯医者さんだと麻酔注射をしてから、結構早めに治療を
開始したりすることがあるそうです。

次の患者様が待っているからしょうがない部分があるとは思いますが

「痛かったら手をあげてくださいね」

と言われて、実際に痛かったから手を挙げたら

なんと

「すぐにもう一回麻酔注射をされた」

という経験をされた方も結構いらっしゃるのではないしょうか。

または「もうすぐ終わりますからね~」と治療を継続されて手を挙げた意味が全くなく痛みを我慢しなければならなかった、という話も聞いたことがあります。

効率を重視するのは仕方ないかもしれませんが、効率重視の陰には患者様の犠牲が隠れているものです。

若林歯科では麻酔後、

麻酔液がしっかりと浸透するまで5分程度の時間

をおきます。

この時、麻酔液が浸透しやすいようにチェアーを倒してお待ちいただきます。

(治療内容によって多少異なります)

その6.緊張を和らげるためのアロマをタオルに染みこませています。

歯医者での治療はどうしても少しは緊張してしまうものですよね。

そして、緊張していると、どうしても痛みに敏感になってしまうものです。

また、治療中は目を閉じているので、視覚からの情報がありません。そうすると、脳が足りない情報を補おうとして、聴覚や嗅覚、触覚などの感覚を敏感にするそうです。

そこで若林歯科では患者様のお顔に掛けるタオルにアロマを染みこませています。

リラックスできるような香りを選んでいますので、緊張を和らげて、痛みを軽減することができます。

「良薬口に苦し」という言葉があるように、とても優れた歯科材料なのににおいがちょっとというものもあります。

そのにおいを軽減するのにも、アロマを染みこませたタオルは 活躍してくれています。

これからも若林歯科は患者様のために痛みの少ない治療を目指していきます

以上6つの取り組みによって、歯医者さんを嫌いになってしまう痛みを徹底的になくすように努力を重ねてきました。

これからも新しいアイデアを形にしていくことによって、患者様が歯医者を好きになってくれるように工夫をしていきたいと思います。

こんなことしてくれたら嬉しいなというアイデアがあればいつでも教えてくださいね。

若林歯科で導入できるように頑張っていきます。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ