歯を削らず抜かずに一生残す「予防」ができる歯科医院です
.

CT

若林歯科で導入したCTは?

参考書籍今回、若林歯科で導入したCT(コンピューター断層撮影装置)は、「アールエフ」という会社の製品です。

この会社、歯科業界ではかなり新しい会社で、というよりも会社自体が1998年設立なので、まだまだとても若い会社です。

今も昔もそうかもしれませんが、業界団体というものは新規参入を嫌います。
歯科医療業界もおそらくそうです。

私も、このアールエフという会社のことを少し前まで、ちっさいカメラを作っているだけの、胡散臭い会社だと思っていました。

しかし、ある本をきっかけに、このアールエフという会社の見方が変わりました。

それは、法政大学大学院政策創造研究科教授 坂本光司先生が出されている「日本でいちばん大切にしたい会社2」です。

この中に、アールエフという会社が取り上げられていたのです。

詳しくは、読んでいただけるとわかるのですが、「世の中に貢献することを、本気で考えている企業が成長できる」ということを実現している会社だと感じました。

新しいことに挑戦し成長し続けていると、周りから邪魔をされ、足を引っ張られ、挫けそうになることもあったはずです。それでも自ら考える目的・目標に向かって突き進む会社としての姿に共感しました。

というわけで、何社ものCTを比較検討した結果、若林歯科ではアールエフという会社がつくった、CBCT(コーンビーム コンピューター断層撮影装置)=歯科用CTを導入することにしました。

2013年9月1日より稼働し、約1ヶ月で80人を超える患者さんを撮影し、画像の説明をさせていただきました。
その結果、今まで平面のレントゲン画像を見てもわかりにくかったところが、立体的な3D画像を見ながら説明させていただけるので、「とてもわかり易くて良かった」という言葉を沢山いただいています。

よりわかりやすい説明と、確実な治療を目指して、これからもどんどん活用していきます。

念願成就!!

若林歯科ではこの度、数年来の念願であった歯科用CTを導入いたしました。

歯科用CTを導入

患者さんからは、宇宙船とかタイムマシンと呼ばれています。

なぜ念願であったかというと、理事長の米崎は、大学卒業後から6年間 市民病院 歯科口腔外科で臨床の第一線で働いていました。

病院口腔外科では、嚢胞(顎の骨の中にできる膿の袋)・腫瘍(お口の中にできる良性や悪性のできもの)・外傷(顎の骨の骨折や歯が折れたりしたもの)などなど、様々な方が来院されていましたので、いわゆる一般の歯医者さんで撮影するような単純レントゲン(パノラマ・デンタル)だけではなく、CT(コンピューター断層撮影)を頻繁に撮影していました。

なので、CTによって得られる情報のメリットを十分理解していました。
今までは、単純レントゲンではわからないことも、その経験から予想して診療にあたってきました。
しかし、実際にCTで撮影してみないとわからないことが多いのも事実で、撮影のできる大きな病院まで行っていただいて、撮影してきていただくことも頻繁にありました。
そのため、患者さんには時間的にも費用的にも大変なご負担をおかけしていました。

それが今回、院内にCTを導入したことにより、診査・診断力の向上、原因のわからなかった痛みや腫れもわかるようになったのです。
わざわざ遠くの大きな病院まで出向いていただかなくてもよくなりました。

若林歯科で導入したCT撮影装置は、病院で使われているものと比較して非常にコンパクトですが、撮影された画像の精度は大きな病院のものより高精度です。
また、撮影に必要な放射線量もとても少なくて済むため(病院CTの数十分の一)患者さんにとっても安心です。

ただ、どんなに情報量が多くても、使いこなせなければ意味がありません。
若林歯科では、先程も申し上げたように、理事長 米崎は口腔外科で研鑽を積んでおります。また、他にも普段からCT画像を見慣れているスタッフがいますので、問題ありません。

現在、患者さんにより簡単にCT画像を見ていただくことができる機器も準備中で、2013年10月中には本格稼働する予定ですので、ただ撮影して先生だけがわかっている・・・というようなことがないように、撮影していただいたメリットが十分ご理解いただけるものと考えています。


PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ