歯を削らず抜かずに一生残す「予防」ができる歯科医院です
.
  • HOME »
  • 虫歯の予防と治療例

虫歯の予防と治療例

若林歯科でのフッ素塗布について

フッ素塗布という処置には、塗布方法や使用するフッ化物の濃度、保護者のフッ素塗布に対する誤解など、様々な問題あります。

なぜフッ素が虫歯予防になるのかを知らずに「フッ素塗ってください」とおっしゃる保護者の方も多く、おかしな“フッ素神話“が一人歩きしているようです。

「歯科医院でフッ素を塗ってもらっているから安心」と思われている方は、ご注意ください。

フッ素塗布で一番重要なことは、歯の表面に付いている汚れはしっかり除去するということです。

プラーク(歯垢)は当然ですが、厳密に言えば歯の表面に唾液がついていてもいけません。(歯に唾液がかぶりますと、表面にペリクルという膜ができます。この膜はフッ素が歯に浸透するのを阻害してしまうのです。)

 

フッ素塗布つまり、フッ素塗布は、歯をしっかり乾燥させた状態で、塗布し続けなければなりません。(右写真)

そして塗布時間は全部の歯の場合3~5分間塗り続ける必要があります。

このように医学的に効果のあるフッ素塗布には手間も時間もかかります。

日本中いたるところでフッ素塗布が行われているようですが、どのくらいのところで医学的に効果のある処置が行われているかは疑問です。

 

フッ素塗布豊田市では、1歳6ヶ月や3歳健診の際にフッ素塗布を行っていますが、歯の汚れもとっていない状態の唾液だらけの歯に、ササッと適当に塗っているだけです。(右写真)

実際に多くの歯科医院で行われているフッ素塗布も同じレベルなようで、他院でフッ素塗布をしてもらったとおっしゃる保護者に「どのくらい時間がかかりましたか」とお聞きすると、ほとんどの方が数十秒と答えられます。

そのような塗り方は効果はまったく期待できない“おまじない”程度のものです。

また保護者の方から「フッ素はいくらですか?」ということをきかれます。

医療機関として効果のない処置は行いたくないので、低年齢で上記のような“おまじない“のような塗り方しかできない場合はフッ素塗布は行いません。

(虫歯予防のためでなく、単にトレーニングとして塗る場合もあります。この場合は無料。)

それ以外で医学的に効果のある塗布方法が可能な場合は¥500~2000です。(次ページのメニュー参照)

お子さんの虫歯になりやすさよって、推奨されるフッ素の利用方法は異なります。

当院では、適正濃度のフッ素を毎日家庭で使用するのが一番効果的であることをご説明しております。

歯科医院でのフッ素塗は必ずしも全てのお子さんに必要ではありません。フッ素の濃度を考慮し、正しい方法で使用するのが、虫歯予防には大切なのです。

虫歯の治療について

一概に虫歯の治療といっても、虫歯の大きさによって治療方法は様々です。

様々な治療方法を歯科医師が選択し、患者さんに提供しているわけですが、若林歯科の虫歯に対する治療方針は一貫しています。それは、「歯は自然のままが一番」「とにかく削る量は必要最低限、できる限りもとの歯の状態を残す」です。なぜ、できる限り歯を残すのか?

それは、現在の歯を治療する材料では、歯の一番表面に位置するエナメル質の性能・性質を超える材料が無いからです。

外界から敵(虫歯菌)の侵入を一番防いでくれるエナメル質を如何に残して治療するかが、一生自分の歯で噛むことにつながってきます。

不幸にして、エナメル質をすべて削ってかぶせる治療になった方は要注意です。稀に、かぶせた歯は虫歯にならないと思われている方がみえますが、まったく逆です。特に銀歯をかぶせている方は、かぶせたものと自分の歯の境目から必ずと言っていいほど虫歯になります。

もともとかぶせないといけないほどの虫歯があったのですから、お口の中の虫歯菌の数はかなりのものです。

そこに硬すぎる銀歯を入れて毎日ガンガン噛むということは、銀歯が変形して隙間がどんどん空いてくる・・・その隙間に虫歯菌がどんどん棲みついて虫歯とつくる・・・でも銀歯の下はまったく目に見えない場所な上にレントゲンにも写らない・・・気づくのは銀歯の中が虫歯でボロボロになって、銀歯が取れたとき・・・治療法は・・・抜歯・・・よくある流れです。

まずは虫歯にしない。一生自分の歯で過ごすには、予防が最高最良の方法であることは間違いありません。ただし、「きちんと歯を磨いていれば虫歯は予防できる」と思っているのは日本人くらいです。

虫歯の予防は、歯ブラシだけではできません。詳しく知りたい方は、是非聞いてください。虫歯の予防は生まれる前から始まっています。

マイナス一歳からの虫歯予防へ

C2 治療例 23194

初診時の口腔内写真です。

初診時の口腔内写真

ダイアグノデントによる虫歯の検査によって、矢印の部分に虫歯があることがわかりました。

反対側の虫歯は誰が見ても明らかですが、矢印の部分のような虫歯を見逃さないためにもダイアグノデントによる全体検査は必要ですね。

ちなみに反対側の左上6番はDoc’sBestで神経を取らずに治療しました。

左上6番

口腔内カメラでさらに拡大して撮影してみました。

矢印の先にうっすらと黒く見えるところが虫歯です。

若林歯科のDrは、拡大鏡を使用して治療していますので、治療中は、この画像とほぼ同じように見えています。
拡大

少し削ると、虫歯の進行した部分は空洞になっているので、ストンと落ち込むように抵抗がなくなります。

虫歯の全体像がわかるようにもう少し広げる必要がありそうです。

虫歯の部分を完全に取りきった?状態

虫歯の部分を完全に取りきった?状態です。

?マークがついているのは、本当に虫歯菌を完全に取りきれているかは、歯を抜いて顕微鏡で見てみなければわからないからです。

レーザーや薬剤を用いて見えない虫歯菌をできるだけ殺します。

Doc’sBestがもっと自由に使えるといいのですが・・・

最初に虫歯ができた場所が判明

角度を変えて見てみると、最初に虫歯ができた場所がわかりました。

隣の歯と接している部分(隣接面といいます)はもっとも虫歯になりやすく、見つけにくい場所の一つです。

このような虫歯を治療する場合、隣の歯と接する部分を如何に残すかが重要になります。

写真のように、ほとんど残すことができれば、保険治療でも金属を使った治療を回避できます。安易に接している部分を削ると、インレーといって型をとってはめ込む物をつくらないといけなくなるので、治療の回数も増えてしまいます。とにかく、できる限り自然に近い状態・自分の歯を残すことが、良い治療だと考えます。

治療終了時の写真

治療終了時の写真です。

治療回数1回 治療時間15分ほど 保険治療の範囲で治療できました。

 

補足

自費治療(私たちは自由診療と言います)を特別な治療だと思われている方がみえますが、自費治療は決して特別な治療ではありません。歯科治療の方法は沢山あります。

材料だけでも色々なメーカーから多数の良い材料も出ています。沢山ある治療方法の一部が保険採用されている・・・というだけなのです。

医科の場合は命に関わることもあるので、最新の治療方法がどんどん保険採用されていますが、歯科の場合、命に関わることはほとんどありません。

生活の質を向上させるという意味で歯科はとても大切だと思うのですが、そのようなことは保険治療では行えないようです。数十年以上、歯科の新しい治療法や材料は保険採用されていません。

もちろん保険治療の範囲でできることは最善をつくしますが、より良いと私たちが考える治療方法があるときは説明させていただきます。

インレーやり替え 症例23222

インレーやり替え

20代の女性の患者さんです。

今回は、右下7番(一番奥の歯)の虫歯治療予定だったのですが、その手前の矢印の歯の金属も気にされていたので、同時に治療して白くすることにしました。

インレーやり替え 症例

金属を外したところです。

銀歯をくっつけていたセメントの下で少し虫歯の進行を認めました。

金属の下の虫歯は、まったく見えない上に、レントゲンに写るのはかなり大きくなってからです。

最近私は、このような隣接面が健全な歯(一級窩洞といいます)で金属を使うことはありません。

虫歯の部分を可及的に除去したところ

虫歯の部分を可及的に除去したところです。

黒い部分が残っていますが、虫歯の下にある非常に硬くなった部分で、虫歯菌はいないと考えられている部分なので、むし歯の除去はこれで十分と考えました。

レーザーと薬剤を用いて消毒

といっても、虫歯菌は目に見えないので、レーザーと薬剤を用いて消毒した後、一層フッ素を徐放するセメントを念のために置きました。

フロアブルレジンとペーストタイプのレジンを積

フロアブルレジンとペーストタイプのレジンを積層して歯の形を整えて終わりました。

後ろの歯も一緒に治療しています。

治療回数1回 治療時間2本でおよそ15分でした。

 

補足

数年前にTVでCR(コンポジットレジン)治療が、新しい治療方法のようなことをいっていました。

CR自体は20年以上前から歯科治療には使われている材料で、歯科関係者にとっては特に目新しいものではありません。

最近、材料自体の性能や性質が向上し、非常に良くなっているので、若林歯科では、金属を使用した治療を回避するために使用しています。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ