豊田市 若林歯科 歯科衛生士の高木です。

3月21日に昨年の4月より毎月1回大阪で受講している年間セミナーJokanスクールの集大成である「学習発表会」に発表者として参加しました。

学習発表会とは、自分自身が向き合った患者さんの症例発表だけでなく1年間受講しての歯科衛生士としての思いや、学びについて発表します。

Jokanスクール

ちょうど1年前の今日、先輩である藤井が堂々と発表する姿を見て1年後自分があの場所で発表できるのかと不安で押しつぶされそうになったことを思い出しました。

(過去のブログはこちら http://www.wakabayashishika.com/activity-diary/3743.html

早いものでそこから1年が経ち、今日無事に発表することができました。

わざわざ大阪まで先輩、後輩が応援に来て下さりとっても心強かったです!

とにかく今年も受講生の思いがたっぷり詰まる本当に感動する発表会となりました。

私が今回発表した題目は『喫煙歴のある患者さんから学んだこと』です。

私が今回発表した題目は『喫煙歴のある患者さんから学んだこと』です

この方と出会い、歯周治療を任せて頂いたことをきっかけに私にできることはなんだろうか?と真剣に考えました。

歯科衛生士として患者さんと向き合う中で、やはり喫煙歴がある方には、歯周病と喫煙の関係性や全身の健康のためであることを伝えて禁煙指導を!という思いが先行してしまいます。

しかし喫煙の動機は様々、生活背景や家族構成、生活習慣も皆違います。

それを聞き取らずに場当たり的なコミュニケーションになっていることに今回この症例を通して気づくことができました。

しっかりと聞き取りをし、一人一人にあった治療プランやコミュニケーションを意識することの重要性を再確認しました。

Jokanスクールでは技術、知識だけでなく人間性を学ぶことができます。

受講の動機はとにかく歯周病治療に対するスキルアップでしたが、この1年で衛生士としての在り方などそれ以上のことを学ぶことができました。

4月から当院には新卒の歯科衛生士が3名入社してくれます。

私も常に目標としている先輩のように、新人スタッフにとって目標としてもらえる衛生士になれるように日々精進していきます。

そして私も日々一緒に成長していきたいです。

1年間通ったスクールも終わりに近づき残りは最終試験のみとなりました。

1年間積み重ねたことを確認する日でもあります。

本当に仲間にも恵まれ楽しく、毎回楽しみにしていたスクールが終わってしまうのは少し寂しいですが今後もたくさんの方に出会い刺激をし合いながら、より良い衛生士人生を歩んでいきたいです。

愛知県豊田市若林歯科

歯科衛生士 高木喬子