【1日24時間を価値を高める!】

豊田市 若林歯科 歯科衛生士の大村美帆です。
9月28日(木)に東京で開催された、第3回歯科医院新人スタッフ育成塾に歯科医師の水越と受付の植村と受講してきました。

http://www.wakabayashishika.com/?attachment_id=4140

第2回のセミナーを受講し、内的動機の大切さについて学び、自発的に行動することを心掛けてきました。
先輩に言われてから行動するのではなく、自分の中で「やりたい!」を発見し行動することで、達成感も大きく感じることができ、モチベーションアップにも繋げることが出来ています。

第3回目のセミナー講師は萩原直樹さんとゲスト講師のはやし歯科クリニック 井亀由美さんでした。
今回は『社会人として必要なマナーとあり方』『時間管理と目標設定』というテーマで学んできました。

突然ですがみなさんは、年末ジャンボ宝くじを12時間並んで購入することが出来ますか?
私は、12時間待って宝くじを買おうとはなかなか思いません。なぜなら、待っている時間が勿体無いと感じるからです。
しかし、12時間待って宝くじを買う人もいます。
この違いは、時間に対する価値観の違いによって生じるものです。

誰にとっても一日は24時間あります。
その人その人によって時間の使い方は異なりますが、時間を価値を理解し、時間の使い方や管理の仕方を決める事は大切な事です。

時間を管理する上で大切な事は『一日一生』という考えを持つ事です。
一日たりとも同じ日はなく、一日の24時間を大切にする事が社会人として重要であると教えて頂きました。

私は今まで、「後でやろう」や「明日やろう」と物事を後回しにしてしまう事が多々ありました。これはまさに『一日一生』とは、正反対の考え方をしています。
もしも、今日が人生の最後の日だとしたら、「明日やろう」という考えはなくなります。
常にそれくらいの高い意識で毎日の時間を大切に過ごす必要があるということです。

「後でやろう」と思ってしまう原因としては、時間がないという事が挙げられます。
しかし、この「時間がない」という考え方はただの言い訳であり、時間は自分で生み出すものであるということを学びました。

そこで、時間を生み出す5つのポイントを教えて頂きました。
①ながら行動を増やす
②移動時間の工夫
③再現性を高める
④整理整頓
⑤時間を意識した診療をする

私はこの中でも特に①と⑤を特に意識をして行動をします。
ながら行動をすることで時間をより有効に活用し、時間を自ら作り出せるようにしたいです。また、診療時間をこまめに確認をすることで、治療をスムーズに進行できるようにします。
日常生活においても、テレビを観る時間や携帯電話の使用時間が長いため、必要のない時間は削減し、読書や勉強の時間を生み出すよう心掛けていきます。

1日24時間の時間を大切にし、毎日目標を持って取り組みます。
そして1日1日の積み重ねが、今後の大きな目標へと繋がるよう日々頑張ります。

次回の新人スタッフ育成塾は第4回目の最終回となります。
次回までにより自分に磨きをかけ、最終回のセミナーに臨みます!

http://www.wakabayashishika.com/?attachment_id=4141

豊田市 若林歯科 歯科衛生士
大村美帆