歯を削らず抜かずに一生残す「予防」ができる歯科医院です
.
  • HOME »
  • 1歳6か月

1歳6か月

1歳6カ月

|1歳6カ月のお口の中|

|若林歯科で|

|家庭で|

お子さんによっては、奥歯が生えてくる時期です

そろそろ歯並びの心配をされるお母さんもいらっしゃるかもしれません。
まだ、完全に奥歯が生え揃っていないので、噛み合わせの状態は不安定です。
この時期に、”受け口”の状態でも、あまり心配はいりません。
奥歯が生えてくることで、噛み合わせは変化します。
ただ、顎が曲がっている、顔の真ん中がずれている、といった場合は、
”いつも同じ向きで添い寝をしている”いつもうつ伏せ寝をしている”という習慣があれば改善しましょう。

image_1.5

一歳六ヶ月の時期に若林歯科で行うこと

1歳のお誕生日までに、おやこ歯科健診にきてくださいね。

市町村で行われる1歳6ヶ月健診後で、「虫歯といわれました」と言ってお子さんを連れてみえる保護者の方がまだまだみえます。

おやこ歯科健診

若林歯科では、「1歳のお誕生日までに、おやこ歯科健診にきてくださいね。」とお話ししています。

”虫歯=穴があいている”と思われている方が多いのですが、虫歯の進行というのは、すぐに穴があくわけではありません。
穴があく前の前兆が必ずあります。穴があいてしまう前ならば、進行を止めることが可能です。
不幸にして、お子さんの歯にできていても、この年齢で完璧な治療ができる子は少ないです。
歯が生えてきたら、まず”予防”にとりくみましょう!

1歳6ヶ月で、おりこうにお口を開けられる子、泣いて何もできない子、お子さんによって様々です。
でも、心配はいりません。
若林歯科では、まず医院に慣れてもらうことが大切だと思っていますので、泣いてできなくても、全然構いません!
若林歯科の予防のためのキッズクラブである”ピカピカクラブ”に入会して、これからがんばっていきましょうね。
歯が生えてきたら、”予防”にとりくみましょう!

治療の様子

一歳六ヶ月の時期に、ご家庭で行えること

☆歯磨きについて

お子さんによっては、奥歯が生えてくる時期です。
奥歯は前歯と違い、歯の形も複雑で、唾液の力だけでは汚れは落ちません。
奥歯の溝や歯と歯の間が、むし歯のできる危険性があるので、奥歯をしっかりケアしましょう。
また、奥歯の歯と歯の間は、歯ブラシではケアできません。デンタルフロスでしっかりプラーク取り除きましょう。
「あなたのことが大切だから、気持ちよくしてあげるね」という愛情をいっぱい注いであげてください。

歯を磨いてもらうって気持ちがいいなあ⇒自分でも気持ちよくしたい!

という、セルフケアの心が芽生えます。

☆どんなものを使えばいいの?

お子さんに持たせる場合は、柄が短く握りやすいものがオススメ。
お母さんの仕上げ用とは必ずわけましょう。
仕上げ用は、ブラシ部分がコンパクトなものが使いやすいです。
お口の中に入るものなので、清潔にし、1ヶ月で新しいものと交換してあげてください。

デンタルフロスは、Y字型のハンドルがついたものが使いやすいですよ。

image_furosu

 

お子さん用の、フロスもあります。
お子さん用のフロスフロスちゃん

またお母さんが使っているものは、子供も興味を持ちます。
ぜひお子さんの前で、ご自分の歯でフロスを使用するところをみせてあげてください。

☆フッ素は?

若林歯科では、歯が生えてきたらフッ素を使用しましょう、とお話しています。
日本では、「何もつけない歯ブラシで磨きましょう」という誤った歯磨き指導をいまだに行っている医院や行政があるようです。
むし歯予防のためには、フッ素は一番大切です。そのフッ素を正しく使うことができるように、歯科医院はしっかり情報提供ができなければいけないと思います。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ